スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告
--.--.--[--]

【コラム】BWシングルをガブリアスと共に振り返る

445.gif
No.445 ガブリアス 地/竜 H108 A130 B95 C80 D85 S102 平均100
砂隠れ(砂嵐下のみ2割で相手の技を回避)

シングルフラットルール下の王として最後のシングル厨決勝でもその存在感を示した。その栄光の記録。
つまりシングルで活躍を続けたガブリアスの型の変化からシングル環境の推移を推し量りたいと思ったので羅列しながら考察する。

環境初期(2010年9月~)
445.png201-164-116-90-106-169@拘りスカーフ
所謂201ガブ@最速スカーフ。環境初期のガブリアス。
4th時代の名残を受けてHPを201まで底上げし、サンダースやライコウのめざ氷まで耐える程度にされている。
但し殆どのライコウはCを削っていたし、サンダースは氷ジュエルや珠も多く調整はやや腐り気味だった。

445.png191-172-116-90-108-169@拘りスカーフ
所謂191ガブ@最速スカーフ。環境初期のガブリアス。
ライコウのCラインの変化を受け201ガブよりDラインを1ランク下げた。テラキオンを意識してDよりBに厚くしてる方も多かった。上記のはCSサンダースのめざ氷耐え。火力は地震でH284-B121ソーナンスの地震カウンターを耐える程度。

考察1 環境初期のガブリアス
当時は耐久調整により手数を増やす事でかけれる総合負担を増やすべき、という考え方が蔓延。
故に高速電気への役割を意識しての耐久調整が多かった。
また環境が定まっていない中で拘りスカーフサザン、ボーマンダを意識しての最速スカーフが最メジャーだった。
現在ではこんな耐久調整されたガブリアスは激減したと言っていいと思う。
ちなみに次点でスカガブメタの襷地ならしガブリアスと言うのがいたらしいが筆者は良く知らないので割愛。詳しい人コメントにて教えてください。


環境前期(2011年1月~)
445.png184-200-115-90-105-154@拘り鉢巻
意地っ張り鉢巻ガブリアス。カバドリ増殖、テラキオンの台頭等によりサザンドラやボーマンダが駆逐され、
S169以下のポケモンが急激に減った。ボーマンダ等もスカーフガブリアスを抜くことを諦めS152(控えめ準速)まで落としていることからSラインの空洞化(S実数値153~168までのポケモン不在)が発生。ガブリアスもそれに甘えて準速までSを落とし拘りスカーフを外し持ち物、性格共に火力補正をかける個体が急増。これによりハッサムが逆鱗で2発になる等のメリットもあった。

445.png189-172-116-90-125-154@拘り鉢巻
意地っ張りDSガブリアス。Dに振る事でガブリアスを意識した役割破壊のめざ氷を耐えて返り討ちにすることを目的とした配分。具体的にはA182不一致エッジ耐え+めざ氷で201ガブリアスを落とせる調整が施された帯ボルトロスのめざ氷耐え。
つまり帯ボルトロスメタである。当時のボルトロスは殆どがこの帯ボルトロスだった上他の電気は水ロトム以外いないと言っていい程スカーフガブリアスに駆逐されていたので調整の効果はてきめんだったと言える。その後珠ボルトロスや氷ジュエルボルトロスが採用されるに至った。

445.png184-200-115-90-105-154@命の珠
ガブリアスは拘ってるのが強い、という固定概念を崩す珠ガブリアスが登場。
剣の舞珠逆鱗は圧巻の火力。
ガブリアスの耐久を削るなんてとんでもない、耐久調整した方が強い、という固定概念も崩れたところだったと思う。
当時は受けループが環境の頂点でありエアームドが急に増殖したのも影響し拘ってないガブリアスが増えた。
ガブリアスに大文字を持たす個体が増えたのもここからだった。

445.png205-160-116-90-106-169@光の粉
粉ガブ。バンギラスで砂を撒きつつ電磁波も撒く事でガブリアスで避けることを狙った。
受けループが増殖し地球投げラッキーが増えたことや、カバドリやトノグドラに対する回答としてキノガッサが増えた辺りから電磁波砂の数が急激に増えたように思う。

考察2 環境前期のガブリアス
BW環境の中でもガブリアス全盛の時代だったんじゃないかなと思う。
環境が定まってきつつある中でボーマンダ、サザンドラが減少しガブリアスが最強の竜とされていた時期である。
他の竜の駆逐からスカーフである必要でなくなり、使い勝手が非常に良くなって環境のエースとしての地位をまさに確立していたと思う。
シュカグロスなんかが登場するくらいにはガブリアスは存在感を放っていた。
またSラインの思い切りの良さが印象的だった。
今にして思えばSラインのやり取りが面白く環境の変化の著しさが伺える。
ちなみに今はS実数値154のガブリアスはスカーフ以外いないと言っていいと思う。


環境中期(2011年6月~)

445.png183-182-116-90-105-169@拘り鉢巻
意地ガブが台頭し過ぎて陽気ガブにそれとなく戻り始めたのがこれくらいの時期だったと思う。
また環境初期の様な耐久調整は殆ど施されなくなった。
エースとしての殴りの強さの重要性が認知されてきた証じゃないかと思う。

考察3 環境中期のガブリアス
前期とは逆でガブリアスの評価が最も下がった時期じゃないかと思う。
理由はカイリューの台頭。
ウルガモスやバシャーモメタとしてカイリューが恐ろしく評価をあげ、カイリューとの同時採用を嫌ったパターンからガブリアスの採用率低下。
さらにカイリューがパルシェンやマンムーの増殖を招いたことで一緒にメタられたのが大きかった。


環境後期(2011年10月~)
445.png183-200-116-90-105-154@拘りスカーフ
ユキトド構築にスカーフガブリアスが採用された辺りから改めてスカーフガブリアスが見直された。
岩の一貫性の軽減、電気の無効化、対テラキ性能、霰や砂が舞っていてもウルガモスを上から殴れるので役割持てる等からカイリューとの差別化を図りスカーフガブリアスの評価は再び上昇した。
ガブリアスもカイリューが台頭してきたとは言えバンギラス入りにはそれとなく採用されていたと思うが、他天候においてガブリアスが採用されるメジャーな構築がしばらく少なかったので、霰のガブリアス、さらにスカーフガブリアスということでなかなかに新鮮だったと思う。

445.png183-182-116-90-105-169@気合の襷
珠ハッサムのサポートとして襷ステロガブリアスをちらほら見かけるようになった。
同じくステロ要員としてCSベース襷無邪気ガブリアスもそれなりに個体数がいた。

445.png209-151-121-90-106-169@残飯
電磁波砂要員としてのガブリアスが205ではなくて209に調整され残飯を持たせることが増えた。
これは砂エースというのみならず対受けループを重く見てのことである。
エアームドの処理として火炎放射を採用されることも多く、火力はかなり削られた型である。

考察4 環境後期のガブリアス
ガブリアス自体の採用率は回復傾向にあるがそれでもカイリューよりは多くなかった。
さらに見ればわかるようにガブリアスのエースとしての型は激減した。
スカーフや209等補完としての採用が多くなったと思う。
ガブリアスに補完をさせないと対策が回らない環境になったと捉えることも出来るし、単純にガブリアスをエースとして見れないことが多くなったのかもしれない。
勿論エース運用の鉢巻ASもいるけども、カイリューの様にAS竜舞のエースをしながらバシャーモやウルガモスを見れる補完性能を維持したポケモンではないのでPT構築の面で足を引っ張ってるのかもしれないし、天候PTを筆頭にガブが自然に入る構築が減ったともいえるかもしれない。
少なくともカバドリ+ガブリアスというPTは殆ど見ないし雨はカイリューの需要が高くガブリアスは採用され辛いのが現状となっている。




総括
ガブリアスの歴史は竜の頂点に立つ為のスカーフ最速から始まり、一時はエースとしてオフ会では5割近い使用率を誇る等幅広く使用されたが、カイリューの台頭から一気に採用率を下げ、今では採用する為に採用理由も必要なレベルに落ち込んだ。
ただ環境により大きく型を変えながら高い採用率をキープ出来る辺り持っているスペックは高く流石と言わざるを得ない。
凶悪技とされる電磁波や今作最強の新技の1つともいえるだろうボルトチェンジを考えても電気を無効に出来るポケモンはそれだけで非常に優秀だが、地面タイプな上カバドリ等と違いピンで補完として入れられるポケモンとなれば決して多くはないのでもっと採用されてもおかしくはないと思っている。

ガブリアスはこの1年半で最も多くの型が存在したポケモンだったんじゃないだろうかと思う。エース運用だけでも意地陽気の両鉢巻から珠、竜ジュエル、粉ガブ。補完としてのスカーフヤチェ残飯、サポートとしての襷ステロまでいる。
とは言え補完要員としての採用が増えたのは環境後半。
単純な砂エースと比べ回避率を落とした209ガブ@残飯が205ガブ@粉より個体数を増やし、地震を切って放射を入れる。
環境の影響からガブリアスに単体性能落としてまで求められることが増えてしまうあたり、その環境の複雑さが伺えると思う。
ガブリアスに焦点を当てて考察してもBWシングルは『ただ好きなポケモンを単騎採用するのでさえPT単位で欠陥を作り兼ねない、PT構築の難しい』ルールであると感じた。
スポンサーサイト
Category:ガブリアス
コメント(0) トラックバック(0)
2012.05.21[Mon]

コメント


コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://rurupuu.blog32.fc2.com/tb.php/102-ce339cfd

TOP

プロフィール

るるぷう

Author:るるぷう
いつもありがとうございます!
未熟者のにわかブログですが、
皆様の拍手を励みに頑張ってます
時々覗いてくれると嬉しいです

カウンター

カテゴリ

ついったー

るるぷう < > Reload

ブログ内検索

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。