【単体考察】今日から始めるソーナンス入門

202.gif
No.202 ソーナンス 超 H190 A33 B58 C33 D58 S33 平均67.5
影踏み(相手のみ交代不可)


これであなたもソーナンス



-第一章- ソーナンスとは

ポケモン金銀にて初登場。
アニメではロケット団のパートナーとして準レギュラーを張っていてそこそこ人気のあったポケモン。
第3世代から特性影踏みを得て一気に対戦で良く使われるポケモンに。

覚える技は少なく、基本的に影踏みにより交代を縛り攻撃or補助技を相手に強制させ、攻撃に対してはカウンターorミラーコートで1-1交換+αを狙い補助技にはアンコールで裏のポケモンの起点を作るポケモンである。
また恵まれたH種族値を持ち、オボンの実による耐久底上げを図れば生半可な攻撃なら物理特殊に拘らず2耐え以上出来るので後出しも比較的し易い。
基本的な立ち回りは役割対象を影踏みでキャッチし、被ダメを見て余裕があるならアンコールで攻撃補助技拘らず固定、攻撃ならそのままカウンタミラコで処理していき補助技なら裏のポケモンで積みの起点にする。
おまけに困ったときは道連れで最低1-1交換狙いも出来るのでカウンターミラコ直後のソーナンスも起点にし辛い為相手としては対処が非常に難しいポケモンである。
上記の説明の様に起点作りかつ1-1交換狙いの潰しの強いポケモンで、癖はあるが起点になり辛く最低限の仕事が出来るので非常に腐り辛いポケモンと言える。
また何度も裏の起点にという言葉を使っている通り、ソーナンスと組ませるポケモンの考察もソーナンスを使う上で非常に重要な要素である。

ソーナンスにとっての苦手どころはアンコールや道連れを挑発で封じて補助技をソーナンスの前で行うことのリスクをなくし、積みの起点にしてきたり再生を混ぜてじわじわ削ってくるタイプ。
前者はギャラドス、テラキオン、オノノクス等。
後者はブルンゲル等である。
他には蜻蛉帰りやボルトチェンジで逃げられて霊でカウンター透かされたり悪でミラーコート透かされるのも辛い(ハッサムの蜻蛉帰り→ブルンゲルorシャンデラやWロトムのボルトチェンジ→バンギラス等。また特にロトムやハッサムはトンボルチェン読みミラコカウンターに対し剣舞やトリックといった技で透かしてくるリスクがある)。
例えばラティオスのようなポケモンに対し後出しのタイミングで拘りトリックをされると、ミラーコート連打でトリックしてきたポケモン自体は倒すことが出来ても裏のポケモンに起点にされ易く面倒なことも多い(対面からならアンコールしておけばトリックを固定しアイテムを返してもらえる)。
また虫悪等の一致弱点を貰うと流石にオボンすら発動せず死んでしまうのも注意。
この辺りに厚いポケモンはソーナンスと相性が比較的良いと言える。

高いH種族値に反してBDの種族値は低い為基本的には努力値をそれらに当てると堅くなり易い。
ダメージ計算するとわかるが、BもDも1実数値が増えると乱数が1つずれる程度には被ダメージが大きく変化する。
そういう理由で極端なことを言ってしまうと総合的に最も堅いのはH4B252D252振り(H266-B110-D110、BDは補正ありで121)なわけだが、この振り方だと物理の最高レベルの打点である鉢巻龍の逆鱗も2耐え出来ず特殊の最高レベルの打点であるラティオスの流星群も1.5耐え出来ない。
PTによってはBかDかを削ってHに割くことで片方なら達成が可能である等、配分のカスタマイズから処理できる範囲が大きく変わる。
従って技候補は非常に少ないが調整点が非常に多くそういう意味では面白いポケモンである。
逆に言えば配分次第で対応出来るポケモンは多いが、実際に対処出来ることは種族値努力値が足りず限られてしまうので、ナンスでどのポケモンの起点を作るのか、裏のポケモンはどのポケモンが苦手なのでソーナンスで逃がさず倒す必要があるのかといったところを、よく考えて配分する必要がある。
他のポケモン以上に適当なブログから配分を丸パクリしたりせずPT単位で調整すべきであるといえる。
第二章ではそうしたPT単位でソーナンスについて考える為の材料としてまずナンスと相性の良いポケモンを列挙する。



-第二章- ソーナンスを軸とした戦術例
ソーナンスの配分考察の前に本章でソーナンスと相性の良いポケモンを列挙しながら戦術説明をする。
これは第一章でも述べた通り、配分次第でナンスに出来ることに非常に幅があり、PTや戦術ごとにナンスのカスタマイズが可能な為である。

202.pngソーナンス+ヘラクロス214.png
言わずとしれたソーヘラ。
ソーナンスが苦手とし易い悪をヘラクロスが起点とするだけでなく、ソーナンスが誘い易い毒々をアンコールしてからヘラクロスに繋ぎ積極的に根性を発動させられる。
ヘラクロスの代わりにローブシンでも可能である。

637.pngウルガモス+ソーナンス202.png
通称ウルガナンス。
ウルガモスの起点をソーナンスが作りつつウルガモスが苦手とするスカーフガブリアスをソーナンスでキャッチする。
現在はウルガモスを止めるポケモンが増えたのでソーナンスに苦手どころ一任は難しいが、一定のPTには刺さるので未だに顕在と言える組み合わせである。

257.pngバシャーモ+ソーナンス202.png
バシャナンス。
ソーナンスのアンコールから作った起点で剣舞+加速が出来るので爆発的アドバンテージが取れる。
また鬼火を起点に出来る。
バシャの苦手なヤドランにはソーナンスがSで勝っているので後出しから先手アンコール出来る為潰し易い。
ウルガナンスと同じくバシャを止めにくるカイリューが鉢巻を持っているとソーナンスでキャッチしきれないので厳しいのが課題となる。
またこの組み合わせはブルンゲルもやや厳しい。

248.pngバンギラス+ソーナンス202.png
バンギラスの誘うローブシンをソーナンスでキャッチする。
裏にローブシンを入れることでソーヘラの様に根性を狙うことも出来るが大抵の場合バンギローブに入るローブシンはカバドリへの回答として火炎玉であるのが勿体無いか。
ソーナンスの補助技アンコールからバンギラスで起点にするには竜舞や鉢巻が必要となる。

645-therian.pngランドロス獣+ソーナンス202.png
ランドロスで威嚇を挟みながらソーナンスでキャッチすることで高火力物理もソーナンスで潰すことが出来る。
またソーナンスではキャッチしきれない格闘であるテラキオン(挑発+剣舞の為)はランドロスが強く見れる。
ソーナンスの電磁波アンコールから起点に出来る可能性が高いがスカーフでは大きなアドバンテージとするにはやや厳しいのでもう1匹裏にソーナンスと相性がいいポケモンがいると安定し易い。

450.png530.pngカバルドンドリュウズ+ソーナンス202.png
カバドリの課題であるローブシンをソーナンスでキャッチする。
カバルドンの欠伸から交代読み交代でキャッチが出来るので対面操作をし易く、ソーナンスが作った起点をドリュウズで起点に出来る。
地味にドリュウズは毒も電磁波も無効なのが大きい。

186.pngニョロトノ+ソーナンス202.png
ニョロナンスと呼ばれる組み合わせ。
ローブシンや物理龍意識でソーナンスを組ませることが多い砂系統+ナンスと違い、雨入りのナンスは苦手なラティオスをナンスでキャッチしたい為D補正を掛けることが多い。
この組み合わせはニョロトノの滅びの歌+ソーナンスの影踏みで凶悪な択を作り強制的な流しが出来る。
受けループを滅びナンスで見ようとするとラッキーでスキスワされ逃げられることが多いので注意したい。

091.png286.pngパルシェンキノガッサ+ソーナンス202.png
起点を作った瞬間対戦を終了させられることも出来るような凶悪スペックを持った2匹を入れた起点パに起点作りのソーナンスの組み合わせ。
キノガッサは毒毒アンコから無償光臨が可能でハメの隙もそのまま作れる。
ソーナンスでは処理しきれないガブカイリューをパルシェンが起点に出来バンギラスはキノガッサが起点に出来る。
D方面に厚くしておくとこの2匹が苦手なラティオスに強く出れるが、この3匹はハッサムもきついのでラティオスを起点に出来るウルガモスを入れると色々な面が解消出来る。

485.pngヒードラン+ソーナンス202.png
ソーナンスに対する毒毒や鬼火をドランが完封し、弱点である悪虫も半減してしまう。
逆にヒードランが苦手な格闘はソーナンスで受け易い。
特にゲンガー+ドランナンスという組み合わせは4世代では有名だった。

他にもラム+身代わり+積み技(ギャラ、テラキ等)、無効タイプや無効状態異常技が多かったり悪、虫に強いポケモン(シャンデラ、ガブリアス等)は大抵相性が良い。



-第三章- ナンスの配分例
※持ち物は全てオボン想定である。
また技構成はカウンター、ミラーコート、アンコールまで確定、道連れか神秘の守りが選択だが基本的には道連れをお勧めする。

PTに合わせた調整を選んでほしい。
またSを多少振ると甘えたナンス抜きを上からアンコール出来たりするのでBD多少落としてSを振りたい等、細かい部分での調整変更は各自の判断で。
また本論はあくまでソーナンス入門編なのでカムラソーナンスやスカーフソーナンスといった奇形に関する詳細は一切載せない。

配分例1 HB配分
努力値244-0↓-252↑-0-12-0(図太い)
実数値296-x-121-x-80-53
調整点はオボン効率の4n、A186カイリューの鉢巻逆鱗をオボン込み確定2耐え、ボーマンダのそれはオボン込み超高乱数2耐え。
HBぶっぱでもギリギリで2耐え程度なのでA204鉢巻逆鱗はソーナンスでは安定して耐えることは出来ないことに注意したい。
Dは殆ど振ってないのでC182ラティオスの眼鏡流星群で中乱数で落ちる。
同珠竜波動にはオボンが発動し2耐え出来る(眼鏡は無理)。
7/16の可能性でA210ローブシンの根性空元気でオボンが発動しないのでローブシンの処理に関してかなりの不安がある。

配分例2 テンプレ配分
努力値148-0↓-252↑-0-108-0(図太い)
実数値284-x-121-x-92-53
オボン効率意識の4n、A182ガブリアスの鉢巻逆鱗をオボン込みで高乱数2耐え。
A205ドリュウズの剣舞地震+ステロ+砂ダメ1回耐え(後出しから道連れが選択出来る)。
またラティオスの眼鏡波動をオボン込み2耐え程度。
3/16でA210ローブシンの根性空元気でオボンが発動しないので空元気低乱数→空元気中高乱数を引いてしまうと後出しに失敗し何も出来ずに落ちてしまうので注意。
砂パにナンスを加える場合、砂ダメ2回+ブシンの空元気2回オボン込み高乱数耐えもこの配分でこなせるので特にカバドリナンスやバンギナンスで好まれる配分。

配分例3 ローブシン意識配分
努力値68-0↓-252↑-0-180-4(図太い)
実数値274-x-121-x-101-54
A186カイリューの1舞ジュエル逆鱗耐え、A210ローブシンの根性空元気でオボン確定発動兼2耐え。
C182ラティオスの眼鏡波動でオボン確定発動兼2耐え。
C161キングドラの眼鏡流星群オボン込み2耐え。
A161キングドラの1舞逆鱗/雨滝登りオボン込み超高乱数2耐え(1/16でオボン非発動→高乱数引きで落ちる)。
A204バンギラスの鉢巻噛み砕く耐え(対面から道連れが一応可能)。
A205ドリュウズの剣舞地震+砂ダメージ+ステロダメージ14/16耐え。

ローブシンに安定する最大限のHBを確保。
ラティオスの眼鏡波動も急所を除き確実に2耐え出来るので眼鏡ラティオスへの後出しは流星2連を打たせて起点にするか波動をキャッチして処理するかを迫れる(対面ではアンコールを選択する余裕が出来る、後出しする場合はトリックに注意)。
端数SをDに振ってしまうとラティオスの眼鏡波動でオボンが発動しない可能性が出てくるので注意。

固定ダメージ率がやや多くなる16n+2を採用しているが、気になる場合はH実数値を270ないしは268にして余った分をDSに回しても良い。
但しカイリューのジュエル舞逆鱗、ラティオスの竜波動、ドリュウズの地震等色々な部分で乱数が絡んでしまうことに注意。

配分例4 汎用配分
努力値0-0↓252↑-0-228-28(図太い)
実数値265-x-121-x-108-57
A210ローブシンの根性空元気でオボン確定発動兼2耐え。
C182ラティオスの眼鏡竜波動で14/16でオボン発動し2耐え。
C161キングドラの雨ハイドロポンプ14/16耐え。

BDぶっぱし最も広範を見れる配分。Sは無振りソーナンス抜きを余裕もって抜いている程度。
Sを意識してるだけでなくDを意図的に削りラティオスの眼鏡波動でオボンの発動確率をある程度まで確保している。
キングドラの眼鏡ハイドロポンプを耐えるかどうかの乱数も同時に下がってしまうのが難点であるが、グドラのハイポン耐えはソーナンス死に出し前提でしか活き難いので優先度を落としている。

配分例5 雨配分
努力値0-0↓-236-0-252↑-20(穏やか)
実数値265-x-108-x-121-56
A172バシャーモの珠フレアドライブオボン込み高乱数2耐え。
C182ラティオスの眼鏡流星群オボン込み1.5耐え。
C205ウルガモスの珠虫のさざめき耐え。

穏やかに補正をかけてしまうとA210ローブシンの根性空元気はオボン込みでも乱数で落ちる。
ローブシンを見たいならB補正、ラティオスを処理したいならD補正が最低限必要であると言える。

配分例6 HD配分
努力値244-0↓-12-0-255↑-0(穏やか)
実数値296-x-80-x-121-53
A182ガブリアスの逆鱗をオボン込み確定2耐え。
A200ガブリアスの地震を高乱数2耐え(4/16でオボン非発動)。
C182ラティオスやC178ボーマンダの珠波動+珠流星群高乱数耐え。
C161キングドラの眼鏡雨波乗りをオボン込み高乱数2耐え程度。

配分例7 S振り配分a
努力値68-0↓-252↑-0-20-164(図太い)
実数値274-x-121-x-81-74
Sは甘えたカバ、ローブシン抜き。
ローブシンに上からアンコールをすることで比較的安定した処理が出来る(特に毒持ちやビルド持ちに対して読み要素が少なくなる)。
A210ローブシンの空元気でオボン確定発動兼2耐え。
A186カイリューの舞いジュエル逆鱗耐え。

配分例8 S振り配分b
努力値0-0↓-100-0-252↑-156(穏やか)
実数値265-x-91-x-121-73
Sは甘えたカバ、ローブシン抜き。
C182ラティオスの眼鏡流星群オボン込み1.5耐え。
A210ローブシンの根性空元気耐え。
A200ガブリアスの鉢巻逆鱗耐え。

Bを落としSを80程度まで確保すればSを甘えたラッキー(電磁波後ウルガ抜き程度)に対し先手でアンコールが出来るので地球投げ読み後出しにおけるアンコールからカウンターで削ったり卵産み読み後出しからアンコールでPPを削ってしまえば機能停止に出来たり滅びナンスに対するスキスワの前にアンコールが出来るのでラッキーに対し大きくリスクを落とすことが出来る。
但しBSラッキーには調整が活きないので過信は禁物。

ダメージ計算
H284-B121-D91
A186カイリューの1舞逆鱗 54.9%~64.7%
A182ガブリアスの鉢巻逆鱗 53.8~63.7%
A210ローブシンの根性空元気 48.2%~57%


H274-B121-D101
A186カイリューのA+1ジュエル逆鱗 85.4%~100.7%
A204カイリューの逆鱗 41.9%~49.6%
A200ガブリアスのA+2逆鱗  81.3%~96.3%
A182ガブリアスの鉢巻逆鱗 55.8%~66%
A182ガブリアスの鉢巻地震 46.3%~55.1%
A161キングドラのA+1逆鱗 49.2%~58.3%

A189バシャーモの珠フレアドライブ 50.3%~59.8%
A211ローブシンの根性空元気50%~59.1%
A200キノガッサのテクニシャンタネマシンガン 12.4%~15.3%

A188メタグロスの鉢巻コメットパンチ 48.1%~56.9%
A200ハッサムの鉢巻蜻蛉帰り 72.2%~85.4%
A200ハッサムの鉢巻虫食い  92.7%~109.4%
A200ハッサムの鉢巻テクニバレットパンチ 30.6%~36.4%
A151ハッサムの蜻蛉帰り 37.2%~43.7%

A205ドリュウズのA+2地震 70%~82.4%
A204バンギラスの鉢巻噛み砕く 83.9%~99.2%

C182ラティオスの眼鏡竜の波動 50.3%~59.4%
C182ラティオスの眼鏡流星群 77.7%~91.9%
C161キングドラの眼鏡ハイドロポンプ(雨下) 87.9%~104%
C161キングドラの眼鏡流星群 68.2%~81%
→C-2眼鏡流星群 34.3%~40.8%

C177ボルトロスの10万ボルト 34.3%~40.8%
C143Wロトムの眼鏡ハイドロポンプ 52.5%~61.6%
C111スイクンの熱湯 18.6%~21.8%
C150ブルンゲルのシャドーボール  48.9%~59.1%

H265-B108-D121

C182ラティオスの眼鏡竜の波動 43.3%~51.3%
C182ラティオスの眼鏡流星群 67.1%~79.2%
→C-2流星群33.9%~40%
C161キングドラの眼鏡ハイドロポンプ 76.9%~90.5%
C205ウルガモスの珠むしのさざめき  85.2%~101.1%

A182ガブリアスの逆鱗 43%~50.9%
A210ローブシンの根性空元気 57.7%~68.3%
A172バシャーモの珠フレアドライブ 53.5%~63.3%
スポンサーサイト
Category:ソーナンス
コメント(0) トラックバック(1)
2012.10.15[Mon]

コメント


コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://rurupuu.blog32.fc2.com/tb.php/125-0c3a9ffd

まとめ【【単体考察】今日から】
No.202 ソーナンス 超 H190 A33 B58 C33 D58 S33 平均67.5影踏み(相手のみ交代不可)これであなた
まっとめBLOG速報 2012.10.26[Fri] 12:24

TOP

プロフィール

るるぷう

Author:るるぷう
いつもありがとうございます!
未熟者のにわかブログですが、
皆様の拍手を励みに頑張ってます
時々覗いてくれると嬉しいです

カウンター

カテゴリ

ついったー

るるぷう < > Reload

ブログ内検索

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク