【単体考察】ジバコイル

462.gif
No.462 ジバコイル 電/鋼 H70 A70 B115 C130 D90 S60 平均 89.2
磁力(鋼タイプは交代出来なくなる)/頑丈(1撃技無効、HPFullから確1の技を受けた場合HPが1残る)


等倍が水のみであり、残りは弱点か半減以下という尖った耐性を持つ。
特性磁力が強力であり、第4世代から第5世代初期辺りまでは鋼狩りとして活躍。
今回はこいつのテンプレ構成と鋼枠としての運用を考察したものを簡単に纏めてみる。



種族値はメタグロスにやや劣るものの全鋼タイプの中ではかなり優秀な部類に入るジバコイルであるが、
鋼タイプ特有の3弱点が電気タイプに打ち消されないため弱点のままであり、地面に至っては4倍弱点であるため対ガブが辛い。
また、半減タイプが多い分繰り出し性能は高いが、半減読みの繰り出しと頑丈がマッチしないため基本的には磁力が好まれる。

基本的な構成はCSベース控えめ磁力 10万ボルト/ボルトチェンジ/めざ炎/爆発@風船。
相手の鋼タイプに繰り出し、磁力で交代を許さないままめざ炎によって遂行する。
ハッサムはとんぼ返りで脱出が可能だがSが高いので交代読みで歌れない限りは先手めざ炎で遂行が出来る。
現環境でグロスが地震を持っている可能性は低く、ナットレイも鉢巻でない限り地ならしを所持してないので特に問題なく処理が可能。安定して遂行不可なのはヒードラン、ハッサムくらいであり、これらは別個で対処が比較的容易い部類。
相手の鋼枠さえ潰してしまえばガブリアスで逆鱗していればことごとく等倍で刺さるので強力。



筆者は今回、同一地方ポケモン縛り大会に晴れスタンパで挑みたいがためにカントーを選択。鋼タイプの少なさから救済処置としてジバコイルをカントーポケモン扱いして頂いたので、PTの鋼枠としてジバコイルを当然採用した。
配分、運用共にテンプレートとは大きく異なるが、にわかなりに頑張ったので紹介。

控えめ頑丈HabCDS H236C76D156S40 雷/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/ラスターカノン@拘り眼鏡
H175となり16n-1。
物理耐久はA200(意地Aぶっぱ)ガブの鉢巻逆鱗2耐え
特殊耐久はC182(臆病Cぶっぱ)ラティの眼鏡波乗り2耐え
火力は意地HDバンギをラスターカノンで確2、雷で耐久無振りグドラ確定、雷でテラキオン高乱数、雷+A185程度のカイリューの鉢巻神速でラティを確定程度
Sは4振りバンギ抜きぬきである。

電気との相性補完に優れる上、対竜に打点が持てるめざ氷を選択=鋼への遂行技が存在しないので磁力は却下。
すると珠グドラの波乗りはダメ計上では耐えないが、頑丈で無理やり耐えることが出来るので確定耐え調整は不要という判断。よってなんらかの技2耐えのラインとしてはこの辺りが妥当と見ている
ちなみにこの配分は眼鏡前提だが、H236C124D148というのを当初考えていた。H4振りガブをめざ氷でほぼ確定、ラティの眼鏡波乗り90%以上の高乱数で2耐え、こちらだと持ち物枠をいじることが可能。
確定欄が眼鏡の理由は、テンプレが風船持ちという固定概念により上級者が地面技を安易に打つのを憚る可能性が高いことと、ボルトチェンジが基本安定行動となるので眼鏡と相性が良い為。

とにかく眼鏡ボルトチェンジが超強い。グロスになくてこいつにある最大の武器がボルトチェンジであるといっても過言ではない。
ハッサムのとんぼ返りが非常に強いことを見れば分かるだろう。
相手の交代を見てから交代が可能ってだけでも有利な上、C130族の眼鏡一致威力70技が弱いわけがない。
HDベースのグロスですら4割削れる。並の耐久ならば等倍で半分は持っていけるということである。
さらに眼鏡ボルトチェンジから鉢巻カイリューに繋ぐとアホみたいな範囲を縛ることが可能である。
ボルトチェンジ→神速でS110以上のポケでもボルトロス程度の耐久までなら落とせる上、
ボルトチェンジ→逆鱗or炎のパンチor地震or瓦割りでS100以下のポケモンもカイリューに相当数が縛られる。
加えてカイリューとジバコイルの相性補完が優秀で、お互いの弱点をお互いが半減以下に抑えてくれる。
特にカイリューが地面を無効にしてくれるのは非常に大きい。
お互いに一貫する技はちなみに存在しない。ジバコ唯一等倍の水、弱点の炎、格闘、地面全てカイリューは半減以下に抑える。


問題はボルトチェンジ読みで地面が出てくることであり、ボルトチェンジが打ち辛い場面を想定して打ちやすいラスターカノンとめざ氷が残り2枠に入ってくる。10万も入れたかったが、バンギに打点を確保できるのは大きい上、等倍ならほとんど確2に出来る。

ただし地面持ちでラスターカノンを半減、めざ氷が等倍のラグラージが激きつい。
またラグはステロを撒く可能性がきわめて高く、カイリューのマルチスケイルとジバコイルの頑丈が同時に潰れるのが笑えない。
また、格闘のサブウェポンのエッジがカイリューに刺さるため、テラキオンも非常にしんどい。

この2匹を見ていくポケモンとして上がるのがヤドラン。ヤドランはテラキの剣舞ジュエルエッジを最大乱数切りで耐えるスペックを持ち、トリックルーム、電磁波、あくびなど優秀な補助技を持つ。攻撃範囲も優秀でジバコイルとの相性補完がかなり優秀。再生力でステロダメを食らってもそれほど痛くない。加えて馬車に対してカイリューと2枚で厚くなれる。
もともと晴れパとして構成を始めたのでフシギバナがラグを見れる。葉緑素眠り粉が凶悪。格闘にも分厚く、ジバコカイリュー軸より晴れフシギバナを警戒しての選出をしてくれれば大きい。催眠ループ対策は必須なのでなおさら牽制が利く。
また、晴れなので当然キュウコンが入る。これで蛾に対する抑制力をカイリューと併せて2つ持てる。

ここまでではガブがまだ重い印象なので最後1枠はパルシェンを入れ、死に出しで勝てるポケを3匹用意する。この配分についてはまた次回にでも。

スポンサーサイト
Category:ジバコイル
コメント(3) トラックバック(0)
2011.07.27[Wed]

コメント

初コメです~

コイルほしいです!
厳選はちょうどしていたのですが、なかなか良い個体値が出なくてですね・・・。

あと、予約、ということにしていただけないでしょうか?
現在、私のwifi環境が荒れていまして・・・。

すみません。
あと、私のブログに来てくださってありがとうございます。

ではでは。
うぃんたーさん URL 編集
2011.07.28[Thu] 22:30
Re: タイトルなし
>うぃんたーさん
わかりました!用意しておきますね^^b
るる URL 編集
2011.07.28[Thu] 22:58
ありがとうございます。

環境整ったらまた連絡します。
うぃんたーさん URL 編集
2011.07.29[Fri] 05:30

コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://rurupuu.blog32.fc2.com/tb.php/15-d44a01e3

TOP

プロフィール

るるぷう

Author:るるぷう
いつもありがとうございます!
未熟者のにわかブログですが、
皆様の拍手を励みに頑張ってます
時々覗いてくれると嬉しいです

カウンター

カテゴリ

ついったー

るるぷう < > Reload

ブログ内検索

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク