スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告
--.--.--[--]

【ポケモン雑記】行動回数と電磁波

読む価値のない電磁波厨の雑記




サイクル戦では相手の攻撃を受けて繰り出し、流し際にこちらが行動する。
この条件におけるSは相手を流すと言うことと繰り出すと言うことにある。
Sが勝ってる相手に繰り出すと繰り出し時と先攻されるということで相手に2回の行動を許す。
従ってこちらがそれを耐えて1発で潰さないと繰り出しは成功しないことになる。
また繰り出される相手にSが劣っている場合、相手はこちらの行動を1回受けて繰り出し、その後先攻で殴られる。
つまりサイクルを回さない状況で相手の2倍行動出来るのがS確保の大きな意義となる。

電磁波は相手のSを強制的に下げることと相手の行動回数を乱数で下げることが出来る効果がある。
1度電磁波を当てることで対象のSが擬似的に大幅に削られるため、麻痺したポケモンは殆どのポケモンに対し行動回数2回許す前提でしか繰り出しが出来ず、逆に麻痺したポケモンへこちらが繰り出す際は行動回数を1回に出来るという条件でサイクル展開が出来る。
これはこちらの交代読みのリスク軽減と相手の交替読みリスク増加も兼ねている。
つまり複数回サイクルを重ねられる場面での電磁波は、Sが繰り出される相手より遅かったやつが刺してS逆転すれば被役割対象前での行動回数に加えて幾つかのお釣りが来る。
鈍足で受けの出来るポケモンの電磁波ほど強力であると言うことである。

例えば電磁波を覚えるポケモンにヤドランがいるが、ヤドランの電磁波が何故強いかと言うのには以降の複合的な理由がある。
ひとつはヤドラン自体が地面を誘わないこと。
もうひとつは流し性能が高く電磁波がヤドランの被役割対象に刺さること。
だがそれだけでなく、ヤドランの縛り性能が飛躍的に向上するのがヤドランの電磁波である。
ヤドランは水タイプでは珍しく大文字を覚えるポケモンで、水超炎氷草と範囲が広い。
相手の弱点をつければ飛躍的にかけられる負担が高まる。
Sの種族値的にヤドランは普通は交代読みで弱点を突くしかないが、電磁波を絡めてSを逆転させれば話は変わってくる。
例えばラティオスやユキノオーやボルトロスがサイキネや波乗りなんかを読んで繰り出しされたとしてもその後先手で文字冷Bを入れられることになる。
またボルトロスやユキノオーはヤドランが居座ってくる読みと役割対象が繰り出される読みの2択を迫られる。

また電磁波は身代わりや回復技といった技とも後続を含めて相性が良い。
麻痺の2割5分のスタンの可能性を増やすことが出来るからだ。
例えば本来テラキオンにグライオンを出しても剣舞ジュエルエッジで処理されるのが、繰り出し時ラッキーに電磁波当てられるとS逆転しエッジを打つ前に身代わりを張れる。
こうなるとスタンか外しを待たれてギロチンの行動回数を稼げる。
前述の行動回数を削る電磁波により優劣の関係が逆転する例である。
上は無限に身代わりが出来る極端な例だが、例えば4回身代わり張って1度も麻痺らず壊される可能性はわずか3割1分6厘しかない。
また電磁波当てた後2回麻痺らない可能性ですら催眠術が当たる可能性より低い5割6分である。
過信は出来ないが、馬鹿にならない確率であることは確かである。

さらに身代わりや回復自体スタン構築における『流し』と非常に相性がいい技である。
交代読みのリスクを外し被役割対象に確実な1手を選択出来る身代わりと、役割関係を重視しサイクルを強固にすることが出来る回復技だからだ。
上記より電磁波はスタンや受けループなどサイクル重視の構築には後続とのシナジーも高く最高の補助技のひとつであると思う。
スポンサーサイト
Category:雑記
コメント(0) トラックバック(0)
2011.11.11[Fri]

コメント


コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://rurupuu.blog32.fc2.com/tb.php/48-0ce9d498

TOP

プロフィール

るるぷう

Author:るるぷう
いつもありがとうございます!
未熟者のにわかブログですが、
皆様の拍手を励みに頑張ってます
時々覗いてくれると嬉しいです

カウンター

カテゴリ

ついったー

るるぷう < > Reload

ブログ内検索

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。