スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告
--.--.--[--]

【纏め記事】PT構築の基本、軸決定について

今更感漂うけど、いざ構築スランプのときに基本に立ち返りたいから、“自分の中での”構築の際の基本を纏めておく。




構築のベースとは何かと考えれば当然まず軸決定だろう。
カバドリ、トノグドラ、ラティハッサム、アスドラン、バンギムドー等、相性の良い組み合わせから『勝ち筋をイメージ』して組んでいくのが大事。
スランプ時に良くやりがちなのが、例えば受けループ組んでいって、ラキグライから入る→バシャ辛いからヤドラン→カイリューガブ怖いからエアームド→ラティオスのトリックやウルガモス怖いからHDバンギラス→めざ草パルシェン怖いからナットレイ。といった感じにたった1軸決めただけで補完に入り始めること。
結果受け思考の強すぎる『勝ち筋の少ない』構築が出来上がる。これだと選出パターンが偏り易い、すなわち極めて自由度及び対応パターンが狭くなる、例えばピン刺しで採用してるのが多すぎて相性補完の組が少なくなり易い=サイクルが回し辛いことが多い。
また補完には特定のポケモンに対し厚めの性能があるポケモンを採用することが多いので、カイリューやラティオス、ラティアス、バンギラス、ヒードラン、サンダー、ボルトロス以外は低種族値が集まりやすいのも短所である。

構築の基本はあくまで初期の段階で2軸を決定していくことだと思う。
『勝ち筋』を2つ用意することで選出における対応力の強化及び相手の選出を大きく牽制させ易くなる。
例えば『トノグドラ』と『ウルガナンス』の組み合わせを考察する。
この組み合わせの意義がわかるだろうか?
『トノグドラ』が苦手とするバシャーモ、ナットレイ、ラッキー、ラティオス、フシギバナ、ユキノオー等に『ウルガナンス』が強く、『ウルガナンス』が苦手となり易いヒードランやテラキオンは『トノグドラ』で十分対応出来る組み合わせなのである。
その上でニョロトノとソーナンスのシナジーも高く(滅びナンス)、ニョロトノとウルガモスも相性は悪くない(雨暴風)。
ここで一貫するカイリューや電気に対しナットレイ等の補完要員をはじめて加えていくことで締りのある構築が作り易い。
トノグドラナットの組み合わせは定番であるし、ウルガナンスに対し強いギャラドスにやバンギラスにナットが強く、カイリューのマルスケを鉄の棘やステロで潰しウルガのめざ氷で処理を楽に出来たりと相性は比較的良好である。

この様に2つの軸には相互補完関係があるのが望ましい。ここでいう補完関係とは『対応範囲的補完』と『スペック相性的補完』、『タイプ相性的補完』があるが、それぞれの軸のコンセプトや軸ではなく単体の性能とも関わってくるので、軸同士の組み合わせのシナジーも軸内の単体同士のシナジーもしっかり理解しておきたい。『対応範囲的補完』はそれぞれの軸が得意とする相手と苦手とする相手が相反している為相手の選出にリスクをかけることが出来るような補完関係、『スペック相性的補完』は抽象的な表現だが、トノの滅びの歌が見せ合いにおけるソーナンスの存在で相手の立ち回りに影響させられる等、技や特性まで加味した単体のスペックにおけるシナジーを指す。
『タイプ相性的補完』は例えば『ラティハッサム』と『カバドリ』の2軸で、ラティオス+『カバドリ』という選出におけるカバルドンとラティオスのタイプ及び種族値的な相性補完。これを形成するとサイクルを回し易くし立ち回りに幅を作ったり、選出パターンを作り易い。
先に述べた『トノグドラ』と『ウルガナンス』は基本的に『対応範囲的補完』が際立って優れており『スペック相性的補完』は滅びナンスや雨暴風が挙げられ、タイプ相性はそれ程良くない、ということになる。トノとグドラ単体単位でののスペック及び相性補完の悪さと『トノナンス』のサイクル崩し性能を想定するとトノとのタイプ相性補完に優れた受け意識の強い補完要員が比較的マッチし易いだろう。
『カバドリ』と『ラティハッサム』の軸ならカバラティ+ドリュの選出におけるカバとラティの『タイプ的相性補完』が優れているし、ラティのトリック及び置き土産からドリュの剣舞起点を作れる、つまりラティとドリュの『スペック相性的補完』も優れている。
ラティハッサムは鋼の処理が面倒でノオーや雨には比較的強い為『カバドリ』と『ラティハッサム』の『対応範囲的補完』もまあまあといったところである。
またこの場合だと『カバラティ』という3つ目の軸を形成出来るので、補完要員にエースとしても戦えるバシャ等を採用すれば『カバドリラティ』『カバラティバシャ』『ラティハッサムバシャ』と勝ち筋パターンを増やせる。

軸のコンセプトも理解しておきたい。『カバドリ』『トノグドラ』『ユキトド』は前者が後者のサポートをすることで後者が爆発的なタテ性能を確保する組み合わせであり、一部を除いて後者は前者とセットで選出しなければ基本的に機能しないので選出パターンは制限され易い。
『ラティハッサム』『ウルガナンス』『ランドバンギ』等はスペックやタイプ相性の補完をベースにしつつ前者が後者のサポートを受け易い組み合わせであり、これは組み合わせを崩してもそれぞれを機能させ易いポケモンの組である場合が多いので選出パターンを増やし易い。
他にもいろんなコンセプトの軸があるが取り敢えず省略。

『カバドリ』+『ユキトド』の様な選出パターンを確保し辛い軸の組み合わせは選出自由度を狭める為選出じゃんけんを作り易いし、対応範囲的補完が出来てないと大きな穴を作り易い。(応用として意図的に穴を作り選出誘導させておいて潰すという手法もあるが、ここでは基本論理だけを抑えることにする)
つまりどういう軸の組み合わせが相性良くてどういう組み合わせが悪いか、というのを軸単位及び単体単位でもしっかりイメージしつつ組んでいくのが肝要ということ。
ここが構築におけるプレイヤーの1つの腕の見せ所だと思っている。

そうしたことをイメージしながら組むことが出来れば自然と5,6枠目の補完がそれぞれの軸と合わせ易くなっているものである。何故ならその2軸ともに対応し辛い部分に対し補完として入っているのでそれぞれの軸と合わせるに意義がある採用になり易く、同じ理由でタイプ的補完も作り易いからである。さらにこの補完要員と軸のポケモンで新しい軸となりえる2匹を形成することが出来れば選出パターンのさらなる確保が見込めることになる。

先程挙げたカバドリバシャや、先日のチーム戦で使用したラキグライブルンラティハッサムバンギも例の1つとして挙げられるだろう。
その構築順序を以下に記載する。

まずラキグライの受けループ軸を使いたいから採用→雨砂負担の軽減

受けループで警戒すべきトリックラティ、トリックロトム、テラキオン、コバルオン、AS鉢巻バンギ、ユキノオー、ノイクン辺りに強い軸→ラティハッサムの採用

受けループミラーに圧力掛けられるバンギを採用→バンギグライの形成、ラティハッサムバンギの形成

ラキグライ及びラティハッサムバンギでも対処が面倒な剣舞バシャや珠ハッサムを意識してブルンを採用→バンギブルンも良シナジー

この構築の完成度はともかく構築するならこの様な段階を踏んでいくのがベターと思っている。
この例だとラティハッサムとラキグライの2軸から構築したが、補完として入ったバンギラスやブルンがバンギグライやラキブルンを形成したりバンギブルンも比較的優秀な組となったおかげで選出パターンが増加した。
結果として選出時に圧迫感を感じにくくなった(ラキグライ+α、バンギグライ+α、ラティハッサム+α、バンギブルン+α、ラキブルン+αの5パターンから選ぶことが出来る)為、見せ合い段階でどう選出さたとしてこちらはどういう選出でサイクル回すか、展開していくかが自分としては非常にイメージし易くなった。

纏めると
1. 軸を2つ考えて組むところから構築する
2. それぞれの軸のコンセプトが被ってないか、対応範囲的補完やスペック、タイプ相性的補完が優れているか考察
3. 2軸で対応出来ない所を5,6枠目の補完要員で埋める
4. 補完要員と軸要員で相性補完に優れてるとさらに選出パターンを増やせる

以上、抽象的ではあるが最も基本的な構築論理と思ってることを纏めた。
忘れた時、構築が上手くいかなくなった時に読み返したい。
スポンサーサイト
Category:纏め記事
コメント(2) トラックバック(0)
2012.02.12[Sun]

コメント

非常に参考になる考察です。ありがとうございます。
おうふ URL 編集
2012.04.07[Sat] 19:48
抽象的なことばかりで恐縮ですが参考になったなら幸いですー
るるぷう URL 編集
2012.04.09[Mon] 02:16

コメントの投稿





管理者にだけに見せる

トラックバック

トラックバックURL
http://rurupuu.blog32.fc2.com/tb.php/77-750d19cb

TOP

プロフィール

るるぷう

Author:るるぷう
いつもありがとうございます!
未熟者のにわかブログですが、
皆様の拍手を励みに頑張ってます
時々覗いてくれると嬉しいです

カウンター

カテゴリ

ついったー

るるぷう < > Reload

ブログ内検索

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。